しんくみネット

しんくみネット特集 > 第15回 顧客満足は「残業なし」から!ヘアゴムシェアNo.1のイノウエ

特集

特集一覧に戻る

第15回 顧客満足は「残業なし」から!ヘアゴムシェアNo.1のイノウエ

顧客満足は「残業なし」から!ヘアゴムシェアNo.1のイノウエ

髪を束ねるヘアゴム。あまりにも身近なアイテムだが、メーカーを気にしたことはあっただろうか。コンビニやドラッグストアで何気なく手にとっているヘアゴムは、実は一つひとつ手作業で作られている。さあ、あなたの知らないヘアゴムの世界へ!

profile

井上 毅さん
株式会社イノウエ 代表取締役社長(神奈川県相模原市)

ヘアゴムの最大手、1928年創業の株式会社イノウエの3代目社長。先代が特許を取得した技術をさらに進化させ、デザイン・機能・安全性を追求したヘップリング®でシェアを拡大。時代のニーズに「心に残る物創り」で応え続けている。

「株式会社イノウエ」加盟店情報
https://www.shinkuminet.com/shopguide/shopinfo_net1.html?id=1000178
井上 毅さん

特許技術かどうかは問題じゃない

特許技術かどうかは問題じゃない

ドレッサーや洗面所、化粧ポーチの中、オフィスの引き出しなど、必要なときにさっと使えるように女性はヘアゴムを各所に忍ばせている。そういえば最近は男性でも、ラーメン店などでヘアゴムを取り出して手際よく髪を束ねている姿が珍しくない。夏本番に向けて、そんなヘアゴムの最需要期がやってくる。国内シェア6割を超えるイノウエでは月産400万本体制で繁忙期に臨む。

黒や茶色というイメージが強いヘアゴムだが、イノウエのヘアゴム「ヘップリング®」はカラーバリエーションも含めると実に1000種類以上。「接着強度が高いのがうちの特徴です」と3代目社長、井上毅さんは自社製品の強みを語る。

「瞬間接着剤のCMでやってる固い面同士の接着は簡単なんです。『柔らかい素材同士』というのが問題で、同じ構造は他社でもやっていますが、うちでは様々な処理を施し、糸も厳選しています」
「糸というのはゴムを包んでいる繊維の部分ですか?」
「そうです。油分を多く含む素材は接着が弱くなるんです。それから同時に2種類の素材を接着するというのも技術が求められます」
「ゴムと繊維を同時にということですね。そのあたりが特許ということですか?」
「あ、実は特許は2、3年前に切れているんです。それで業績が落ちるのではと心配もしたのですが、特許かどうかは消費者にとっては問題ではないんです。まったく影響ありませんでした」

目の前で製品を見せてもらったが、確かにつなぎ目がどこにあるのか、間近でまじまじと見ないと分からない。

ソフトカラーゴム
ソフトカラーゴム
レインボー
レインボー
エラス/マルチ
エラス/マルチ
プードル
プードル
ヴァイングラデーション
ヴァイングラデーション
シェニールミックス
シェニールミックス
ツインオーロラ
ツインオーロラ
スリーライン
スリーライン

女性が活躍すると業績がアップするというスキーム

女性が活躍すると業績がアップするというスキーム

安定した品質と生産量を支えているのは「内職さん」と呼ばれる在宅スタッフだ。子育て中のお母さんなど近隣エリアの約400人が「内職さん」として登録している。社員の10倍のリソースが前線で汗をかいているのだ。

「加工方法を指導して、最初は週100本ぐらいからスタートしてもらいます。本数にもよりますが1〜2ヶ月でかなり上達します。一人当たり月平均3000本ぐらい加工してもらっています」

作業のポイントは「接着面を押さえている時間」。押さえている間、静止状態をどれだけ保てるかも重要だという。上達すると大半の内職さんは仕事量をもっとこなしたくなる。生産量は品質に比例して上がっていく。しかし自宅での作業に甘さは生じないのだろうか。

「品質は抜き打ちの引っ張り検査でチェックします。7kgの負荷をかけて不良品を見分け、失敗品は『ゴミ』になります。そのすべてを内職さんに戻して確認してもらい、作業を改善してもらいます」

収入を得る分、責任も負ってもらう。それがモチベーションになってさらなる上達につながる。内職というと単純作業と思われがちだが、仕事を通じてスキルアップの楽しさも感じてもらえているのではと井上さんは話す。

そんな内職さんが外堀を固めているおかげで、イノウエでは社員の残業がほとんど無い。結果として女性を採用しやすい職場環境を実現しているという。大企業でも難しさを感じている問題だが、イノウエでは「定時」というキーワードを会社全体で共有することでパラダイムシフトを浸透させたという。

工場では300台の製紐(せいちゅう)機が稼働。
工場では300台の製紐(せいちゅう)機が稼働。
内職さんが一本一本丁寧に接着しているつなぎ目。
内職さんが一本一本丁寧に接着しているつなぎ目。

女性を採用できない?それはズバリ、「残業」のせい。

女性を採用できない?それはズバリ、「残業」のせい。

一見すると付加価値で差別化することが難しそうに見えるヘアゴムだが、イノウエは競合の追随を許さない。接着強度という基本的な品質に加え、ファッション性や機能性にこだわった商品開発がそのポジションを揺るぎないものにしている。実は「残業しない」という意識こそがカギだと井上さんは言う。

「定時で上がれば、料理ができる。子供との時間を作れる。ゴルフの打ちっ放しに行ける。自分のために時間を使えます。そうやって常に定時内で業務を回していれば、急ぎの依頼などいざという時にはお客様のために時間を使うことができ、結果的に顧客満足につながるんです。と言ってもほとんど1時間以内の残業で済みますよ」

このことが女性を積極的に採用できる環境の下地になっているという。

「女性が産休を取りたいと言うと中小企業は難色を示します。でもみんなが定時で上がれるなら、30分だけ全員で残業すればカバーできるんです」

やみくもに残業を否定するのではなく、生産的な残業かどうかという意識が重要なのだ。実際、井上さんが社長になってから営業職と企画職に女性を採用しているという。

「女性が『かわいい』と反応する商品が、男性にとっては『えっそれ?』ということは結構あります。男性は機能をプラスしたがるんですよね」

「静電気除去リング」「虫よけブレス」など機能を付加価値とする商品も好調だが、「その発想で女性のファッション雑貨を企画するのは限界がある」と井上さんは話す。

「定時」「残業」、この言葉を前に頭を抱えている企業は多い。しかし「うちみたいな中小企業には無理」というのもどこかで刷り込まれた思い込みに過ぎないのかもしれない。内職さんであれ、社員であれ、一人一人の能力を引き出そうとするイノウエの人事労務ガバナンスは、働き方改革が叫ばれる今、学ぶところの多いベンチマークではないだろうか。

静電気除去リング
静電気除去リング
虫よけブレス
虫よけブレス
静電気防止シュシュ
静電気防止“シュシュ”
シューレース(靴ひも)
シューレース(靴ひも)

プレミアム会員限定PRESENT

イノウエ ファッション
雑貨詰め合わせ
10名さま

応募締切
2017年6月30日(金)

賞品

profile

ゴムひも・手芸用組みひも製造販売(神奈川県相模原市)
株式会社イノウエ

加盟店情報を見る
株式会社イノウエ

加盟店情報をもっと見る

ページTOPへ